DUO3.0例文解説メモ #293

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の293本目です。

ビズリーチは管理人も登録している転職サイトです。同期の退職を機に自身の体験を記事にしてます。「理系エンジニア×英語」はやっぱり強いと思います。選択肢を持つという点で登録だけでもしておくとよいと思います。
ハイクラス求人 ビズリーチ


全体

We have come to the conclusion that A is more urgent than Bという形で、conclusion(結論)の具体的な内容をthat節で説明している。前から訳していくと「ある結論に至りました」+「それはね、AはBより緊急だということです」となる。ここでAはnothing、Bはreducing Japan’s huge deficitということ。なお、この例文のようにAにnothingを入れることで「Bより緊急なものは何もない」という意味になる。

conclusion

「結論」「決定」等の意味を持つ名詞。語源は、con(一緒に)clus(閉じる)ion(名詞語尾)→「一緒に閉じる」ということ。ここから、議論や調査を終えるといったニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。

「結論に至る」という意味でcome to a conclusion、reach a conclusionといった形で使われることが多い。なお、結論の内容を説明する場合は、この例文のようにthe conclusionと定冠詞にしてその内容をthat節で説明することができる。

reduce

「減らす」「弱める」等の意味を持つ動詞。語源は、re(後ろ)duce(導く)→「後ろに導く」となり冒頭の意味につながっている。基本的な単語なので敢えて語源に遡ってイメージを紐付けて覚える必要はないと思う。

deficit

「赤字」「不足」等の意味を持つ名詞。語源は、de(下に)fic(作る)→「下に作る」ということ。ここから、目標や基準に対してといったニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng