DUO3.0例文解説メモ #246

2024年1月8日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の246本目です。

GhatGPTより生成した例文イメージ画像
YouTube動画版もあるのでご活用ください)
リスニングと単語学習がスマホ1つでできる総合英語学習アプリ。キクタンを始めとしたアルクの人気書籍600冊以上が対応してます。無料で使える機能もあるのでまずはダウンロードを!!
アルクのbooco - TOEIC/英単語/リスニング学習に

アルクのbooco - TOEIC/英単語/リスニング学習に

ALC PRESS, INC.無料posted withアプリーチ


humid

「湿った」「湿度の高い」等の意味を持つ形容詞。湿度のことをhumidityというので、これを知っていればhumidの意味も難なく想像できると思う。日常でもよく使われる基本的な単語なので、あれこれ考えずに覚えてしまうのが得策だと思う。

ちなみに語源は、語根hum(大地)を含んでいることから、大地は低いところにあり湿気は低いところに溜まるためだったと思うが(合ってるかどうか少し不明)、直感的にピンとこないのでやはりそのまま覚えてしまうのがよいと思う。

climate

「気候」「風土」「(ある気候の)地帯、地域」等の意味を持つ名詞。語源は、clim(傾く)ate(名詞語尾)→「傾きによって分けられたもの」ということ。これは、昔の地理学者が「地球を太陽光の傾きに基づいて区分けした」ということに由来しており、「地域」「地帯」という意味があるのはこのためとなる。

後に区分けされたclimate(地域)の気温、降水量等が重要視され始め、特定の地域の「気候」「風土」を意味するようになり冒頭の意味につながっている。さらに比喩的に、精神的、経済的、社会的な状況を表すのにも使われるようになり、ニュースや新聞等を読んでいると、economic climate(景気)といった表現を見聞きすることがある。

イメージ

weatherとclimateの違い

climateと混乱しやすい単語にweather(天気)がある。後の例文で出てくるが、weatherはweather forecast(天気予報)という形で使われることから分かるように短期的な天候を指す。それに対してclimateはもっと長期的なこと(すなわち気候)を指す。上述したようにclimateは「傾き」の結果としてもたらされるものなので、短期ではなく長期というニュアンスも分かると思う。

characteristic

「特徴」「性質」「特色」等の意味を持つ名詞(形容詞の意味もある)。語源は、character(特徴)+istic(形容詞語尾)ということ。接尾辞-isticは形容詞語尾となるので前述したように形容詞としての意味もあるが、名詞としての意味も併せ持つ単語となる。

ただ、characterという単語自身も「特徴」という意味を持っているのでcharacteristicとの違いがパッと見よく分からない。longmanで調べてみると、a quality or feature of something or someone that is typical of them and easy to recognizeとあるのでcharacteristicの方が「典型的で分かりやすい特徴」ということなのだと思う。

また、このサイトではcharacteristicが一つの特徴を意味するのに対し、characterは色々な特徴を集めたものとの回答がある。複数の中から一つの特徴を取り出す→「典型的で分かりやすい特徴」ということなのだと思う。

接尾辞-isticの考察

上述したcharacteristicとcharacterの差は、接尾辞-isticに由来するのではないかと思いちょっと調べてみた。完全なこじ付けになっている可能性も十分あるので時間がある人は一読頂ければと思う。

まず、接尾辞-isticは、ist(専門家)+ic(形容詞語尾)が複合された接尾辞になると思う。具体例を挙げれば、art(芸術)、artist(芸術家)、artistic(芸術の)といった感じ。

また「~する人」という意味を表す接尾辞に-ianもあるが、これはどちらかというと包括的なニュアンスがある。それに対して、-istはより特定したものという印象がある。例を挙げれば、musicianに対してviolinistや pianistといった感じ。そのため、接尾辞-istには「特定する」といったニュアンスが含まれ、character(複数の特徴)から特記すべきものや典型的なものをcharacteristicで特定しているといったことなのではないかと思う。

peninsula

「半島」という意味の名詞。日本語と一対一で対応するのでそのまま覚えてしまうのがよいと思う。綴りからは想像しにくいが、語源はalmost island(ほぼ島)ということ。google画像検索で調べれば、一部だけ陸地につながっており「ほぼ島感」のイメージが分かると思う。

また、語源とは全く関係ないが「penisみたいに海に突き出した陸地だからペニンシュラ」という覚え方がある。かなり印象に残る覚え方なので正直自分はこれで覚えてしまっている。


カランメソッドならQQ Englishがお勧めです。同メソッドは確実にスピーキング能力が上がると思います。詳細はこちらで記事にしています。無料体験もあるのでまずは試してみると良いと思います。

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng