DUO3.0例文解説メモ #376

2024年1月11日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の376本目です。

insult(侮辱する)とconsult(相談する)で使われている語根sultは別物となるので要注意です。

ChatGPTより生成した例文イメージ画像
YouTube動画版もあるのでご活用ください)
中学生レベルの英語を使いこなせるようになるのに最適な教材です。詳細はこちらで説明しています。登録不要の無料お試し版があるのでまずは気軽に試してみるとよいと思います。
NHK英会話

constant

「絶え間ない」「忠実な」「一定の」等の意味を持つ形容詞(名詞の意味もある)。語源は、con(一緒に)st(立つ)ant(現在分詞末尾)→「一緒に立っている」ということ。ここから、団結して常に一緒にいるというニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。日本語でも普通に使う単語なので敢えて語源に遡ってイメージと紐付ける必要はないかもしれない。

insult

「侮辱」「無礼」等の意味を持つ名詞(動詞の意味もある)。語源は、in(中に)sult(跳ぶ)→「中に入って上に跳びのって踏みつける」といったイメージから冒頭の意味につながっている。

イメージ

なお、語根sult(跳ぶ)を持つ身近な単語にresult(結果)があるが、これはre(後ろ)sult(跳ぶ)→後ろに跳ぶ→跳ね返ってきたもの(=結果)ということ。resultをこのような形で分解して理解しておくのもinsultを理解する上で有効な方法だと思う。

なお、前の例文で出てきたconsult(相談する)で使われている語根sult(座る)は全く別物となるので要注意。また、insultは動詞の場合は発音のアクセントが後ろに来るが、名詞の場合は頭となるのでアクセントの違いにも注目して音声を聞いてみるとよいと思う。

arouse

「掻き立てる」「刺激する」「怒らせる」等の意味を持つ動詞。語源は、a(on)+rouse(目覚めさせる)→「(感情を)目覚めさせてオンにする」というイメージから冒頭の意味につながっている。

なお、接頭辞aは通常a(~の方へ)という形で出てくるが、ここではa(on)の意味となり混乱しやすいのがちょっと難点(~の方へと解釈してもイメージは出来るのでそれでも良いかもしれないが)。

なお、動詞rouse(目覚めさせる)はDUOの例文内には出てこないが「鷹が羽を震わせて飛び立つ」というところから来ているらしい。そのため、下の写真のような状態になっている(飛び立つスイッチがonになって)というのを想像して冒頭の意味につなげるのもよいと思う。


『スピークバディ』はAIと対話する気遣い無用の英会話アプリです。無料で使える機能もあるのでとりあえずダウンロードして試してみるとよいと思います。オンライン英会話はちょっと恥ずかしいという方にお勧めです。
スピークバディ

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng