DUO3.0例文解説メモ #135

2024年1月7日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の135本目です。

domesticは日本でも「DV(domestic violence=家庭内暴力)」「Domestic flight(国内線)」という形で使われていますね。

GhatGPTより生成した例文イメージ画像
YouTube動画版もあるのでご活用ください)
カランメソッドならQQ Englishがお勧めです。同メソッドは確実にスピーキング能力が上がると思います。詳細はこちらで記事にしています。無料体験もあるのでまずは試してみると良いと思います。

in short

「要するに」という意味の表現。分解して考えれば、in(範囲)+short(短い)→「短い範囲で」ということ。ここから「要約して」といったニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。覚えてしまえばフレーズ的に使える表現となるので、例文暗唱を通じて同表現を覚えてしまえばよいと思う。

regulation

「規則」「規制」等の意味を持つ名詞(形容詞の意味もある)。語源は、reg(真っすぐ動く)ation(名詞語尾)→「真っすぐ動く」ということ。ここから「まっすぐ進めるためのに作るもの」といったニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。

なお、前の例文で出てきたrule(ルール)も同語根を持っているが、regulationはどちらかというと法令で使われている印象がある。longmanにもofficial ruleと説明されており、この例文でも同ニュアンスで使われている。

ruleとregulationの違い

両者の差異はこのサイトに載っていたので、Conclusion(結論)を簡単に意訳しておく。そんなに長い文章ではないので一度読んでみるとよいと思う。たまたまだがこの例文で使われているin shortから始まっていた。

概要
  • ruleとregulationは兄弟のような関係
  • ruleは個人が何かをするのを制限するのに対し、regulationはlaw(法律)で許可されないことを制限するもの
  • 一般的に、人や組織は必要に応じてルールを作ることはできるが、regulationは政府によってのみ作られる
  • 一番の違いは、regulationの方が適用範囲が広くて破った時の深刻度が高い

domestic

「国内の」「家庭の」「家庭用の」等の意味を持つ形容詞(名詞の意味もある)。語源は、dom(家)ic(形容詞語尾)→「家庭の」ということ。ここから「家庭」→「国内」という意味に拡張されて冒頭の意味につながっている。

なお、語根dom(家)は、ラテン語のdomus(家、邸宅)を経て、イタリア語のduomo(ドゥオーモ)、英語のdome(ドーム)といった具合に英語に入ってきている。英語のdomeは丸い形の屋根を意味し、日本語でも「東京ドーム」「名古屋ドーム」といった形で使われている(ドーム構造をしていることからそのような名称になっている)。

また、同単語を使った身近な使用例としては、DV(domestic violence=家庭内暴力)、Domestic flight(国内線)、GDP(Gross Domestic Product=国内総生産)等がある。下記写真はミラノで撮影したドゥオーモ。

イタリアのドゥオーモ

YouTube動画からの検索

動画版も作ってみました。宜しければ、チャンネル登録お願いします。


『スピークバディ』はAIと対話する気遣い無用の英会話アプリです。無料で使える機能もあるのでとりあえずダウンロードして試してみるとよいと思います。オンライン英会話はちょっと恥ずかしいという方にお勧めです。
スピークバディ

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng