DUO3.0例文解説メモ #338

2024年1月10日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の338本目です。

perspectiveは遠近法透視図法に関係しているようです。この辺りが分かると、put A in perspective(広い視野でAを見る)という表現も納得ですね。

GhatGPTより生成した例文イメージ画像
YouTube動画版もあるのでご活用ください)
『スピークバディ』はAIと対話する気遣い無用の英会話アプリです。無料で使える機能もあるのでとりあえずダウンロードして試してみるとよいと思います。オンライン英会話はちょっと恥ずかしいという方にお勧めです。
スピークバディ

as

「~だから」「~するとき」「~につれて」「~のように」等の意味を持つ接続詞。こちらで説明しているように基本イメージはイコールとなる。そのため、この例文に沿って考えれば「大人になった」=「物事を総合的な視野で見られるようになった」ということ。そして、このイコールを成立させるためにはasは「~につれて」という意味になり、最終的にDUOの和訳となる。

grow up

「成長する」「大人になる」等の意味を持つ句動詞。分解して考えれば、grow(成長する)+up(上に)→「上に成長する」となり冒頭の意味につながっている。

put A in perspective

「広い視野でAを見る」「バランスよくAを見る」といった意味を持つ表現。この表現で使われているperspectiveの語源は、per(通して)spec(見る)ive(形容詞語尾:性質)→「何かを通してみる性質」ということになるが残念ながらこれだけだと意味が分からない。

そこで歴史的な背景をちょっと調べてみたところ、遠近法透視図法というところに関係していることが分かった。Wikiに詳細が書かれているので興味がある人は読んでみるとよいと思う。なお、perspectiveのイメージ化に必要なところだけピックアップして概要を説明すると次のような感じになる。

遠近法というのは目に映る三次元の像を遠近感を持たせて二次元に落とし込む手法のこと。具体的には、このリンクの下の図のように建物と自分の前にキャンバスがあると仮定し、そのキャンバスを通して目に映る像を描くということ。

また、ブルネレスキの実験というのがあり、一点透視図法の論証を行うためにこのURLの図(a)のようなことをやったらしい。簡単に説明すると、自分が描いた絵に穴を空けて反対から外を見る。この時、反対の手に鏡を持っているので自分の目には鏡に反射した自分の絵が見えている。そして、鏡を降ろせば、実物が目に入るので自分の描いた絵が実物と同じように見えるかどうかを確認することができるというもの。下記動画の2:40ぐらいから説明されているのでそちらの方がイメージが掴みやすいと思う。

説明が長くなってしまったが、本題に戻ってperspectiveのイメージ化を行う。

上記の説明を読めば、遠近法は「架空のキャンバスを通して目に映る像」であることが分かり、語源である「何かを通してみる性質」との関連が理解できると思う。さらに目に映る三次元の情報を適切に二次元として表すということは「物事を全体として把握できる」「バランスよく見る」というニュアンスにつながり、自分の経験や思想を通して物事を見れば「見方」「視点」といった意味にもつながる。

最後にこの例文で使われているput A in perspectiveだが「Aを遠近法に入れる」→「全体的な視点でAを捉える」といったイメージと理解ができればよいと思う。


当サイトのDUO3.0解説記事をKindle化してみました。興味のある方は是非お買い求めください!!

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng