DUO3.0例文解説メモ #142

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の142本目です。

enterにはintoを付けたくなってしまいますね。

プログリッドは、専属コンサルタントが英語力診断と一人ひとりに最適化された学習法を提案してくれます。カウンセリング自体は無料なので、何から手を付けていいか分からない方にお勧めだと思います。

under way

「進行中」という意味の表現。underにはプロセス中というニュアンスもあるので、この辺りが理解しにくい方はリンク先の内容を一読頂ければと思う。

イメージ

before long

「そのうち」「すぐに」等の意味を持つ表現。分解して考えれば、before(前に)+long(長い)→「長い前に」ということ。ここから「すぐに」といったニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。

なお、longmanにはsoon or in a short timeとの説明がある。soonとの厳密な違いがちょっと分からないが、感覚的にはsoonよりも少し長い印象がある。ちなみに#493で説明しているようにlong beforeと順序が逆になる表現もあるので間違えないように要注意。

enter

「入る」「加わる」「入力する」等の意味を持つ動詞。意味としては簡単だが、何かに入るという感覚からintoなどの前置詞をつけてしまいがちなので要注意。何か具体的なものに入る場合は他動詞となるので例文のように直接目的語が来る。

ただし、discussion、conversation、negotiation、agreement、contractのようなものに入るという時は、enter intoとなる点が紛らわしい。この辺りは複数の例文に触れることで慣れていくしかないと思う。

crucial

「極めて重要な」「決定的な」等の意味を持つ形容詞。語源は、crux(十字架)に由来しており「十字が運命の分岐点になる」→「今後の成り行きはこの一点にかかっている」といったニュアンスから冒頭の意味につながっている。なお、cruxが十字架というのを知らなければ、cross(交差)という単語から連想しても良いと思う(語源的にはcrossもcruxに由来)。

イメージ


ビズリーチは管理人も登録している転職サイトです。同期の退職を機に自身の体験談を記事にしました。いざという時の選択肢があると精神的余裕につながります。自身の市場価値を把握できるので登録だけでもお勧めです。結構案内が来るので嬉しくなります(笑)。やっぱり「英語×エンジニア」は強いです。
ハイクラス求人 ビズリーチ


\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng