DUO3.0例文解説メモ #365

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の365本目です。

英語学習のアプローチのコアは当サイトと同じだと思います。


further

「それ以上の」「なお一層の」等の意味を持つ形容詞(副詞の意味もある)。語源は、forthの比較級(より前に)に由来しており「より先に」「より遠くに」ということ。ここから「さらに」「その上」というようなニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。

further自体が比較的フォーマルな単語となるので、この例文のようにfor further inquiresという形で、フォーマルな単語であるinquiryとセットで使われることが多い印象がある。

inquiry

「問い合わせ」「取り調べ」等の意味を持つ名詞。語源は、in(中に)quiry(求める)→「何かを求めて中に入る」ということ。ここから、①情報を求めて中に入る→「問い合わせ」、②真実を求めて中に入る→「取り調べ」といった具合に冒頭の意味につながっている。

なお、①の意味ではquestionという単語を使える場合も多いが、inquiryの方が少し改まった印象があり、メールや書面などの書き言葉でよく見かけることが多いと思う。

Please feel free to contact me

「遠慮なくお知らせください」という意味の表現。この例文ではfor further inquiriesとなっているが、if you have any questionsとした形もよく使われる。文法・訳ともに難しい表現ではないので特に解説は不要だと思う。この形のまま使える機会も多いので確実に覚えておきたい表現となる。

toll-free

「通行料無料の」「フリーダイヤルの」等の意味を持つ形容詞(副詞の意味もある)。tollはETC(Electronic Toll Collection)から分かるように通行料という意味を持つ名詞。道路通行料だけではなく、通信通行料も含むのが個人的に面白いと感じた。

語源としては、telescope(望遠鏡)、television(テレビ)、telephone(電話)等に共通する接頭辞tele-(長距離)から来ているとのこと(同接頭辞は語根tole(重いものを運ぶ)より)。

そのため、長距離に課せられる税といった理解をしておけばよいと思う。なお、同単語は複合形容詞の一種で、○○-freeで「○○から解放された」→「○○なしの」という意味になる。

イメージ
\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng