【英語教材】日本語→英語の順で学ぶ英会話 ~Lover’s English~

2022年8月14日英語教材

管理人
管理人

本編では紹介してない教材です。

数少ない「日本語→英語の順で音声がある教材」となります。

管理人も実際にこの教材を購入しています。本当は本編で紹介しても良かったのですが、同教材と出会ったのが英語がある程度話せるようになった後だったので割愛しています。

なぜ「日本語→英語」の順?

当サイトの基礎編では「英語脳の構築方法」として例文暗唱を推奨しています。そして、例文暗唱を瞬間英作文風にトレーニングすることで目的とする「英語脳の構築」が実現できます。

本編で既に説明している内容となりますが、概要だけをざっと説明します。

英語脳を作るアプローチは?

英語脳を構築するには「こういう時はこう言えばよい」という点を作って、それを広げるというトレーニングが効果的です。

そして、その実現方法として「瞬間英作文」と「例文暗唱」を当サイトの基礎編では勧めています。

▶️【基礎編】2. 英語脳の構築方法 ~話せる英語を目指して~

英語脳の作り方

音声 × 高速化がカギ

日本における英語教育の弊害で、日本語を英語変換する際に「単語と文法の知識を使って逐語的な英作文」をしてしまってます。そして、最も重要なのはこの処理を「日本語脳で行っている」ということです。

英作文のようなライティングではこの方法でも問題ないのですが、会話という高速なキャッチボールをする上では処理が追いつきません。

また、文字を見るとどうしても反射的に逐語的な翻訳をしがちなので、その枷を外して英語脳を構築すべく「音声」で高速の瞬間英作文を行うという方法を勧めています。

以上は、瞬間英作文の内容になるのですが、このトレーニングを例文暗唱にも応用するために「日本語→英語の順の音声」が付属している教材が必要となります。

▶️【基礎編】3.1 瞬間英作文の取り組み方

▶️【基礎編】3.2 例文暗唱の取り組み方

瞬間英作文の目指すべき脳内処理

Lover’s Englishとは

Lover’s Englishは数少ない日本語→英語の順で音声がある教材です。

日本語→英語の順で音声がある教材は少ない

英語教材を調べたことがある方はご存知かもしれませんが、日本語→英語の順で音声が付属している教材はかなり限られています。

管理人も当時一通りメジャーな教材を調査したことがありますが、見つかったのは「たったの3つ」だけでした。基礎用教材として、教材一覧に掲載していますので興味のある方は一度見て頂ければと思います。

▶️【英語学習】お勧め教材・サービス一覧 ~話せる英語を目指して~

なぜ少ないのか?

私見となりますが、管理人は次のように考えてます。

日本における英語教育が「英語を理解することに特化してるため

実際、英検を除くTOEICや受験においてスピーキング力が求められることはありません。加えて、英検もリーディングやリスニングのレベルと比較してスピーキングレベルはそれほど高くないのが実態だと思います。

要は日本人向けに作られて英語教材となるので「本当に英語が話せるようになる教材」ではなく、「日本の中で求められる英語力に特化した教材が多い」というのが実態だと考えています。

そのため、「英語だけの音声」「英語→日本語の順の音声」が付いた教材はあるが、「日本語→英語の順の音声」が付属している教材は少ないのだと考えています。

Lover’s Englishについて

前置きが長くなりましたが、ここからがLover’s Englishの紹介です。

▶️英会話教材Lover’s English

本教材との出会いは、英語がある程度できるようになった後に「日本語→英語の順で音声がある教材」を調べていたときに見つけた教材となります。

リンク先をクリックしてその説明を読んで頂ければ分かるかと思いますが「本質的な説明は当サイトと全く同じ」です。

管理人も実際に購入してAnkiに打ち込んで(文法事項や知らない単語をメモするため)、例文暗唱してました。

管理人のAnki画面

Lover’s Englishってどんな教材?

内容としては「対話式」がベースとなっており、日常的に使える表現が散りばめられています。

リンク先に実際のYouTube動画があるので興味のある方は一度見て頂くとよいと思います。

こういった類の英語商材は効果のない詐欺まがいなモノも多々ありますが、Lover’s Englishに関しては当サイトのコンセプトとも一致しているのでお勧めの教材となります。

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



英語教材

Posted by EngxEng