YouCanSpeak

2021年6月13日

管理人
管理人
初めて英語運用能力が上がったと感じた教材です。
ベースは瞬間英作文となります。

英会話 教材

概要

オンラインで学習するSpeakingに特化した教材となります。詳細は専用のWEBサイトを見て頂ければ分かると思いますが、次のような特徴があります。

【YouCanSpeakの特徴】
  • 和訳→英訳を制限時間内に実施する(秒数制限もどんどん厳しくなる)
  • ゲーム感覚で実施でき中学英語を忘れてしまった人でも取り組める
  • 有効期限付き(1年/2年/3年のプランがあります)

管理人がどうしたら英語を話せるようになるのかを模索していた時に出会った教材となります。その辺りのいきさつは別記事にしてますので気になる方は一読頂ければと思います。

YouCanSpeakの学習法について

YouCanSpeakはいわゆる瞬間英作文をベースとした学習法となっています。具体的には次のような感じで学習を進めていきます。

【YouCanSpeakの学習の流れ】
  • 日本語で文章が出るので、それを英訳する
  • 上記には制限時間が設けられており、レベルが上がるにつれて時間が短くなる
  • ベースとなる構文があり、内容が徐々に長くなったり変化していく

SVO構文を例に挙げれば、次のような感じです。

【SVO構文の例】
  • 私は彼女が好きだ → I like her
  • 私はゴルフをするのが好きだ → I like playing golf
  • 彼はゴルフをするのが好きだ → He likes playing golf

最初は物凄く簡単な例文からスタートし、次に目的語Oが長くなり(この例文の場合は動名詞)、更に主語が変化して三単現のsが動詞に付くといった感じで学習を進めていきます(あくまでイメージを掴んでもらうようための例文で説明しています)。

文法的にも単語的にも難しいものではないので、「こんなのやる意味あるの?」「時間の無駄じゃないの?」と思うのですが、実際やってみると制限時間内に出来ないのです!!三人称の時は、動詞にsを付けるのを頭では分かっていても付け忘れてしまうのです!!

このような学習をすることで、臨界期を過ぎてしまった人の脳の中に「英語の基礎構造」は確立するというのがYouCanSpeakのコアとなります。

なお、なぜ瞬間英作文で英語が話せるようになるのかは下記で説明していますので参考にして頂ければと思います。

YouCanSpeakの成果について

管理人は、YouCanSpeakを2010年~2011年の約2年間実施しました(期間は上で述べた有効期限の関係で、当時は2年プランしかありませんでした)。そして、結果はと言うと、

英語が話せるようになったという実感を感じました

詳細はこちらにまとめていますので参考にして頂ければと思います。

YouCanSpeakのまとめ

管理人が同教材に取り組んだ時期は、仕事が滅茶苦茶忙しく深夜帰宅の日々でしたので、YouCanSpeakに時間を割けたのは休日や連休のみでした。それでも成果が出せたのは、下記理由によるものと考えています。

【YouCanSpeakで成果が出せた理由】
  • ゲーム感覚で取り組みやすい(時間制限があるのは程よいプレッシャーになった)
  • 細切れ時間でも取り組める
  • 進めるごとに自分の成長が感じ取れたので、継続するのがさほど苦ではなかった
  • 有効期限があるというプレッシャー

また、管理人は次のような印象も抱きました。

【YouCanSpeak(瞬間英作文)に抱いた印象】
  • 勉強というよりはトレーニングに近い
  • 英単語や英文法の知識を使える形にするためのトレーニング

管理人自身も成長を感じられたお勧めの英語教材となります。

NHK英会話

Posted by linguagem