be no longer…の意味とイメージ ~定型表現攻略~

英単語

管理人
管理人

意味が1つしかない定型表現であれば丸暗記でもよいのですが、多岐に渡る場合は分解してイメージ化しておくと記憶の定着にもよいと思います。表現一覧はこちら

『スピークバディ』はAIと対話する気遣い無用の英会話アプリです。無料で使える機能もあるのでとりあえずダウンロードして試してみるとよいと思います。オンライン英会話はちょっと恥ずかしいという方にお勧めです。
スピークバディ

意味、イメージ、ニュアンス

意味は、お勧めの辞書で紹介しているものを参考にしています。

意味

be no longer…の意味は下記となります。

主要な意味
  • 「もはや…ではない」

分解→イメージとニュアンス

状況が変わって昔はそうだったが、今は違うというような意味合いで使われる表現となる。

仕事でアメリカ人の担当者にメールで問い合わせをしたとき、He no longer works here.(彼はもうここで働ていない)という返信で使われていたのを今でも鮮明に覚えている。

ちなみに、longmanには日常生活ではno longerよりもnot any moreの方が使われるとの説明がされており、その場合は挿入する場所が少し変わるので要注意。

例えば、He is no longer capable of coping with itという例文であれば、He is not capable of coping with it any moreといった感じになると思う。


ヒゲ脱毛ならDr.コパがお勧め!!実質10万円で何度でも通えるのでコスパ良いです。管理人も脱毛済みです。詳細はこちらで記事にしています。
Dr.コバ

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



英単語定型表現

Posted by EngxEng