【意味とイメージ】to/toward/towardsについて ~前置詞攻略、towardとtowardsの違い~

2022年9月28日前置詞

管理人
管理人

toのコアは「到達を含む方向」ということです。

一方のtowardは「到達を含まない方向」です。

なお、toward/towardsの差は「アメリカ英語/イギリス英語」の違いです。

主な意味

toは、コアの意味である「到達を含む方向」から派生して色々な意味やニュアンスを持つようになっています。また、似たような意味を持つtowardは「到達を含まない方向」という意味になります。概要を下に纏めます。

主な意味とニュアンス(黄色ハイライト部)
  • コア :「到達を含む方向
  • 派生①:「到達を含む方向」→「指し示す」・・・to不定詞もこの括り
  • 派生②:「到達を含む方向」→「到達
  • 派生③:「到達を含む方向」→「到達」→「限界」・・・到達点=限界点というイメージ
  • ※補足:  towardは「到達を含まない方向」。towardはアメリカ英語でtowardsはイギリス英語。

イメージ

図で示すと下記のようなイメージとなります。コアイメージから派生先の意味にイメージでつなげることを意識するとよいと思います。

なお、#xxxという番号はDUO3.0で出てくる例文番号となります。熟語や表現の意味が分からない場合は、DUO3.0例文解説メモを参照頂ければと思います。

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



前置詞

Posted by EngxEng