辞書について

2020年7月19日

はじめに

英語学習をする上で辞書は必須ツールです。

中でも、英和辞典、和英辞典、英英辞典の3つが基本になってくると思いますので、管理人が実際に使用しているものを紹介していきます。なお、英和辞典と英英辞典の使い分けや移行に関しては、FAQにまとめてますのでそちらの内容を参照頂ければと思います。

英和辞典と和英辞典

管理人は下記WEB辞典しか使用したことがありません。どれも無料で使うことができ、ほとんどの単語が網羅されています。学習を進めていけば自然と英英辞典の利用頻度が増えていくので、正直あまりこだわりはなく無料で手軽なものを使ってます。

英辞郎<https://eow.alc.co.jp/>
Weblio<https://ejje.weblio.jp/>
Longman<https://www.ldoceonline.com/jp/>

なお、和英辞典はほとんど使ったことがありませんが英和辞典の使い方としては次のような感じです。

  • 英英辞典だとちょと意味が分かりにくい場合、大意を日本語で把握する
  • 英英辞典で意味は分かるが、日本語でどのように訳されているのか知りたくて見る


英英辞典

英英辞典として有名なものに、Longman、Oxford、Cobuildがあり、管理人は全て購入しています。どれも素晴らしい辞書ですが、管理人はlongmanが一番使い勝手が良いと感じており好んで使用しています。ここでは、longman英英辞典とそれ以外の無料辞書について紹介していきます。なお、longman英英辞典の良さについては下記記事にまとめているので参考にして頂けるとよいかと思います。

Longman英英辞典

色々な英英辞典が存在しますが、管理人はLongmanを好んで利用してます。パソコン版とiOS版をそれぞれ保有しており、次のような使い分けをしています。

  • パソコン版:机上で集中して英語を勉強するときに使用
  • iOS版:それ以外(仕事、ソファで映画や海外ドラマを見ている時)

最近ではオンライン版も出ているのですがネット環境ないところで使用することもあるので、基本的にはインストール版を利用しています。Longmanのパソコン版とiOS版について、それぞれ説明していきます。

Longman(パソコン版)

紙の辞書にDVD-ROMやオンライン辞書へのアクセスコードが付随する版があり、それらをAmazon、楽天、店頭で購入するというのが一般的な入手方法だと思います。管理人は、下記のように何冊も購入していますが、現在利用しているのがロングマン現代英英辞典(5訂版)となります。

そのままインストールして使うとちょっと動作が遅く操作性も悪いので、LDOCE5 Viewer(フリーソフト)を利用して軽量化しています(Windows10でも動作してます)。正直、このフリーソフトは非常にがなかったらパソコン版は使ってないかもしれないぐらい動作が快適です。

なお、2020/2時点の最新版は6訂版となり、この版からDVD-ROMの付属ではなくオンライン辞書へのアクセスコードとなっているようです。管理人のパソコン上では5訂版が問題なく動いており十分満足できるないようとなっているので、今のところ6訂版を購入する予定はありません(2020/7時点ではAmazonで中古の5訂版が購入可能となってます)。

Longman(iOS版)
管理人の場合、仕事で英語を使う機会があったり、機内で英語のプレゼンを考える機会があることから、スマートフォン上にてオフラインで動作する辞書アプリが必要でした。

下記のような辞書専用デバイスもあるのですが、常に持ち歩いているわけではないのでスマートフォン上のアプリの方が便利です。管理人の場合、ビジネスでの使用頻度が結構あるので、仕事関係で英語を使われる方にはお勧めです。

下記はiPhone上のLongmanアプリ画面となります。

LDOCE (InApp購入版) - ロングマン現代英英辞典

LDOCE (InApp購入版) – ロングマン現代英英辞典

English Channel, Inc.無料posted withアプリーチ

Longman以外の英英辞典(無料)

ネットで無料閲覧できる辞書を紹介します。広告が少し気になりますが、どのサイトも辞書としての内容は充実しています。上で説明したLongmanも無料で閲覧できるので広告が気にならない方はこちらを利用してもよいと思います。

Oxford Learner’s Dictionaries
Collins Cobuild dictionary
Merriam-Webster
Cambridge Dictionary
Macmillan
longman

Posted by linguagem