5. 学習の進め方について

2021年5月30日

管理人
管理人
ここでは、前項にて紹介した教材を使って具体的にどのように学習を進めるのかついて説明していきたいと思います。

教材の選定

まずは教材の選定です。前項で紹介したお勧め教材のうち、オレンジでハイライトものを最初に選定されることをお勧めします。

項目教材お勧め度発音強化点を作る点を広げる効率化音ー日↓英文法強化構文強化単語力
瞬間英作文どんどん話す(森下先生の本)
★★★
-
-
-
-
-
スラスラ話す(森下先生の本)
★★★
-
-
-
-
-
ポンポン話す(森下先生の本)
★★★
-
-
-
-
-
YouCanSpeak
★★☆
-
-
-
-
-
-
文章組立みるみる音読(森下先生の本)
★★★
-
-
-
-
-
-
-
例文暗唱DUO3.0
★★★
-
-
-
大西先生の本(例文暗唱用)
★★☆
-
-
-
-
-
-
入試英語最重要構文540
★☆☆
-
-
-
-
-
暗記用例文300
★☆☆
-
-
-
-
発音英語リスニング科学的上達法
★★★
-
-
-
-
-
-
-
英語喉50のメソッド
★★★
-
-
-
-
-
-
-
英語耳
★★☆
-
-
-
-
-
-
-
UDA式30音トレーニング
★★☆
-
-
-
-
-
-
-
モゴモゴバスター
★☆☆
-
-
-
-
-
-
-
副読書
(文法)
大西先生の本(文法)
★★★
-
-
-
-
表現のための実践ロイヤル英文法
★★★
-
-
-
-
-
副読書
(単語)
大西先生の本(単語)
★★★
-
-
-
-
-
-
すずきひろし先生の本
★★★
-
-
-
-
-
-
ツールAnki
★★★
-
-
-
-
-
-
-

スケジュール

英語に割ける時間は人それぞれですが、基礎はダラダラやるより集中してやってしまった方が経験上よいです。

基礎は単調な学習が多いので、モチベーション維持、成果の実感という面からも短期集中型で取り組むのが理想的だからです。

ここでは、上記選定した教材を半年でこなすスケジュールとしています。ちょっと厳しいかもしれませんが、細切れ時間や通勤時間も活用して、4時間/1日を英語に割ければ何とかこなせるのではないかと思います。難しい方は期限を少し伸ばして頂ければ良いかと思います。

なお、一番時間がかかるのはDUO3.0の例文解釈です。この部分については、管理人の学習メモをUPしているので、そちらを活用して頂ければ時短につながると思います。

余談となりますが、本学習に加えてTOEICの問題集をこなせば700点台到達は可能だと思います。実際、管理人も700点後半を達成しています。あまりTOEICの点数にこだわりはないのですが、管理人がそうだったようにノルマとして課せられている人もいると思いますので、参考情報として記載しておきます。

学習の進め方

具体的な学習の進め方は少し長い説明となるので、下記記事にまとめています。


Posted by linguagem