DUO3.0例文解説メモ #478

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の478本目です。

管理人も購入したことがある教材です。The王道という内容で、参考にした部分も多々あります。
医師が教える科学的英語勉強法講義

credit A with B

「BはAの功績と認める」という意味の表現。この表現で使われている動詞creditは「入金する」「信用する」等の意味を持つ単語で、語根cre(信頼)を持つことから「信頼を置く」といった語源イメージとなる。

この辺りは、クレジットカード(支払能力に信頼が置けると判断された人が持てるカード)から連想することが可能で、①引き落とし口座に信頼を置く→「入金する」、②相手に信頼を置く→「信用する」といった具合に前述の意味につながっている。

そのため、credit A with Bという形であれば「BについてAに信頼を置く」となり意訳すれば冒頭の意味となる。この例文では、Bの部分に動名詞(sowing seeds…)が来ている。同じ語根を持つ単語としては、少しスペルが異なるが、creed(信条)、courage(勇気)等がある。

sow seeds of…

「…の種を蒔く」という意味の表現。sow, seed共に語根se(種を蒔く)を持つ単語となり、前者は動詞、後者は名詞として使われている。seedにも「種をまく」という動詞としての意味はあるが、比喩的なニュアンスで使われる場合(例:原因の種を蒔くなど)、sowが使われるという違いがあるので、その辺りも意識しながら例文暗唱に取り組むとよいと思う。

身近な表現ではないが、As you sow, so shall you reap.(自業自得:自分で蒔いた種は、自分で刈りなさい)といった諺もあるので、併せて覚えておくとよいと思う。

renaissance

「ルネサンス」「(文化や学問などの)復興」等の意味を持つ名詞(形容詞としての意味もある)。語源は、re(再び)na(生まれる)ance(名詞語尾)→「再び生まれる」ということ。ここから、昔のものを復興(もしくは再生)するというニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。

中学の社会の授業でも、14~17世紀頃にヨーロッパでルネサンス(文芸復興)が起きたという内容を学ぶと思うが、これは古典古代の文化を復興させるという側面があったため。この例文のように定冠詞theを付けてヨーロッパで起きたルネサンスを固有名詞として指すこともある。



管理人も使ってるポイントサイト。各種申し込みや買い物(楽天やYahooもあり)でポイントが勝手に貯まります。海外一人旅サイトで記事にしてるので宜しければどうぞ。「登録無料で損することはない」のでお勧めです!!

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng