DUO3.0例文解説メモ #400

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の400本目です。

右脳開発で有名な七田先生の子供向け英語教材です。当サイトでは、臨界期を越えた大人向けの英語学習を対象としています。もし、臨界期以前の子供向けということであれば七田先生の教材は個人的にお勧めです。小さい頃に七田先生と一度だけFAXでやり取りしたことあります。こちらでレビューしてます

no one

「だれも…ない」という意味の代名詞(総称人称)。ここでのoneは従業員の一人という意味になり、おそらく全員男であるという前提があるため、his employerと表現しているのだと思う。もし、女性も混じる場合はhis or her employerとした方が無難だと思う。なお、総称人称については#001で説明しているので忘れてしまった方はリンク先を読み返して頂ければと思う。

dare(to)do…

「思い切って…をする」「…する度胸がある」等の意味を持つ表現。この表現のコアとなるdareの基本イメージは「果敢に」という感じになる。そのため、dare (to)do…という形で「果敢に…する」といった意味になり、意訳すれば冒頭の意味につながる。

また、toが省略された場合、dare do…となり、dareは見かけ上は助動詞のような働きをする単語となる。なお、この例文の場合は、No one dares to contradict…となっているので「果敢に逆らう人は誰もいない」→「敢えて逆らう人は誰もいない」ということ。

contradict

「~と矛盾する」「~に逆らう」等の意味を持つ動詞。語源は、contra(反対)dict(言い渡す)→「逆らって言い渡す」というイメージから冒頭の意味につながっている。なお、この例文の場合は、contradict his employerとなっているので「彼の雇用主に逆らって言い渡す」→「雇用主に逆らう」ということ。

for fear of…

「…を恐れて」という意味の表現。この例文では「解雇されること」という内容が…の部分に来るため、受動態であるbeing firedが続いている。



\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng