DUO3.0例文解説メモ #408

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の408本目です。

ビズリーチは管理人も登録している転職サイトです。同期の退職を機に自身の体験を記事にしてます。「理系エンジニア×英語」はやっぱり強いと思います。選択肢を持つという点で登録だけでもしておくとよいと思います。
ハイクラス求人 ビズリーチ


find out

「見つけ出す」「解明する」「分かる」「知る」等の意味を持つ句動詞。分解して考えると、find(見つける)+out(外に)→「見つけて外に出す」ということ。ここから、①これまで分からなかったことを外に出す→「見つけ出す」「解明する」、②外に出て明らかになる→「分かる」「知る」といった具合に冒頭の意味につながっている。

while+現在分詞

この表現は文法的には2つの解釈があると思う。個人的には後者の感覚で捉えている。

一つ目は、They found out the truth while they were examining a pile of relevant documents.というオリジナルの文章から赤字部分を省略した形(主語は同じなので省略可、examiningだけ残しておけばwereがあるのは文脈から推測できるため省略可)。

二つ目は、付帯状況を表す分詞構文で、They found out the truth while examining a pile of relevant documents.という形。赤字部分がいわゆる分詞構文となるが、「~する間」を意味する接続詞whileを補足することで「関連資料を調べている時の中で」というのを明示した形。whileがない場合は「関連資料を調べて、そして」「関連資料を調べたことにより」という解釈もでき、意味が少しぼやけてしまうのではないかと思う。なお、whileの意味や付帯状況を表す分詞構文については既に#007で説明しているので、理解があやふやな方は読み返してもらえるとよいと思う。

examine

「詳細に調べる」「診察する」「試験する」「尋問する」等の意味を持つ動詞。語源は、ex(外に)ag(駆り立てて引き出す)→「中にあるモノを駆り立てて外に引き出す」ということ。ここから、中にあるモノを全て外に引き出すというニュアンスになり冒頭の意味につながっている。ただ、スペルから語根agを見つけ出すのに少し難があるので、examination(試験)という基本的な単語から動詞examineの意味を連想するのがよいかもしれない。なおlongmanには、「詳細に調べる」という意味の場合、日常ではexamineよりもtake a look at…(…を見る)という表現を使うとの説明がある。

a pile of…

「…の山」という意味の表現。この表現で使われている名詞pileは「積み重ねられた山」といった意味を持っており、語源は、前の例文で出てきたpillar(柱)と同じで、ラテン語のpila(柱、石垣、防波堤)に由来している。

防波堤は、石が積み重ねられてできた壁となるため、そこから「山上に積み上げたもの」というようなニュアンスに派生して冒頭の意味につながっている。

イメージ

relevant

「関係のある」「関連のある」「適切な」等の意味を持つ形容詞。語源は、re(強意)lev(軽くする)ant(現在分詞末尾:性質)→「何かを取り除いて軽くする性質」ということ。ここで、辞書の意味に目を向けてみると、単に冒頭で述べた意味を持っているのではなく「現在抱えているの問題にとって」といった限定が入っているのが分かる。

そのため、relevantという単語は「現在抱えている問題を取り除いて軽くする性質」→「現在抱えている問題にとって助けになる性質」というのがコアの意味になると思う。そして、当面の問題にとって「適切な」「重要な」「関連した」ものというのは助けになる性質があることから冒頭の意味につながっているということ。

この例文の場合は「何らかの問題や課題を調査している」という状況なのでrelevant documentsは「助けになる資料」→「調査に関連している資料」ということになる。

relevantとrelatedの違い

「関係のある」「関連のある」という和訳だけを覚えていると、前の例文で出てきたrelatedと混同しやすいので、ニュアンスの違いについてまとめておく。

まずrelatedについてだが、広義の意味の「関係のある」「関連のある」という感じになると思う。個人的には日本語のニュアンスと大きな差はないという印象。ただ、人間関係に対して使う場合は、血縁関係や親類といったニュアンスになるが、これはrelatedの語源、re(後ろ)late(運ぶ)→「後ろ(=元)に運ぶ」というイメージから、血縁関係につながっているというのは容易に想像できると思う。

一方のrelevantだが、上述したように「現在抱えているの問題にとって」という限定が入る単語となる。また、語源としては後の例文で出てくるrelief(安堵)と同じで「何かを取り除いて軽くする」というイメージ。そのため、現在抱えている問題を解決するための「適切な」「重要な」「関連した」といった感じで捉えておくとよいと思う。


管理人が運営してる「海外一人旅サイト」です。英語を使って「楽しむ」、英語を「活かす」に該当する内容です。英語学習の息抜きにでも覗いて頂ければと思います。

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng