DUO3.0例文解説メモ #382

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の382本目です。

うんざりするという意味を表す表現にbe sick of…/be fed with…/be tired of…があります。これらのニュアンスの差も押さえておくとよいと思います。

当サイトのコンセプトにもピッタリの教材。こちらでレビューしてます。
日本語→英語の順で学ぶ英会話 Lover's English

commute

「通勤する」「(刑罰を)減刑する」等の意味を持つ動詞(名詞の意味もある)。語源は、com(強意)mut(交換する)→「強調された交換」ということ。

ここから、①義務や刑を軽いものに交換する→「減刑する」、②複数回の電車賃を一度でまとめて払う→commutation ticket(定期券)という熟語ができた。そして、このcommutation ticketが毎日通勤する人によく使われたことから「通勤する」という意味に派生したらしい。辞書を引くと一見バラバラの意味に見えるが、語源を知ると点が線につながる印象を持った単語となる。

イメージ

all the way

「はるばる」「わざわざ」等の意味を持つ表現。直訳すれば「全てのその道を」となり、距離が遠いことを強調するようなニュアンスとなり冒頭の意味につながる。この例文に沿って直訳すれば「遠い郊外から全てのその道を通勤しなければならない」となり、意訳すればDUOの和訳となる。

distant

「(距離的に)遠い」「(時間的に)遠い」「よそよそしい」等の意味を持つ形容詞。語源は、di(離れて)st(立つ)ant(現在分詞末尾)→「離れて立っている」というイメージから冒頭の意味につながる。「よそよそしい」という意味については、人との距離が離れればその態度もよそよそしくなるということ。

前の例文で出てきたconstant(一定の)も似たような語源から成り立っているので比較してイメージ化しておくと記憶に定着しやすいと思う。

suburb

「(都市の)周辺地区」「郊外」等の意味を持つ名詞。語源は、sub(下に)+urb(都会)→「都会の下に」ということ。ここから、都会の周辺にあるといったニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。なお、前の例文で出てきたurban(都会の)という単語と関連させてイメージ化しておくとよいと思う。

be sick of…

「…にうんざりしている」「…がしゃくに障る」等の意味を持つ表現。直訳すれば「…で病気になるほどうんざりしている」というような感じになると思う。似たような意味を持つ表現にbe fed with…、be tired of…があるが、これらの違いについてはここで説明しているので忘れてしまった方は読み返してもらえるとよいと思う。

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng