DUO3.0例文解説メモ #190

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の190本目です。

leapを使った身近な表現にleap year(うるう年)がある。なぜleap year(飛び越える年)というかについては諸説あるようだが、一番有力な説は「曜日を飛び越える」ため。ちょっとした雑学です。

ビズリーチは管理人も登録している転職サイトです。同期の退職を機に自身の体験を記事にしてます。「理系エンジニア×英語」はやっぱり強いと思います。選択肢を持つという点で登録だけでもしておくとよいと思います。
ハイクラス求人 ビズリーチ


fat

「デブの」「油っこい」等の意味を持つ形容詞(名詞の意味もある)。「太った」という意味で使う場合は少し差別的な表現となってしまうので、heavy, big, overweightを使うといった説明がlongmanに書かれている。

clumsy

「不器用な」「ぎこちない」等の意味を持つ形容詞。語源は「寒さでかじかむ」ということに由来しており、そこから「動作がぎこちなくなる」といったニュアンスとなり冒頭の意味につながっている。

leap

「跳ぶ」「飛び越える」等の意味を持つ動詞(名詞の意味もある)。「跳ぶ」というとjumpを思い浮かべるが、jumpは縦方向の運動に対して、leapは飛び越えるというニュアンスから前方(横方向)の移動も意味している。そのため、この例文のように「別の場所に飛ぶ」という時はleapがしっくりくる。また、飛び越す対象をoverで指定し、leap overという形の表現になっている。

jumpのイメージ
leapのイメージ

雑学になってしまうが、身近でleapが使われている例としては、leap year(うるう年)がある。なぜleap year(飛び越える年)というかについては諸説あるようだが、一番有力な説は「曜日を飛び越える」ため。

うるう年は4年に一度、1日増える(2/29日がある)ことにより2/29日以降の曜日が1つずれる。そのため、曜日を飛び越えるという意味でleap yearというらしい。そもそも、365日は7で割り切れないので毎年曜日は1つずれて、うるう年の2/29以降は2つずれるということになるが。

shallow stream

「浅い小川」という意味。Google画像検索を使えば、色んな写真が出てくるのでイメージしやすいと思う。shallowは「浅い」という意味を持つ形容詞(名詞、動詞の意味もある)、streamは「小川」「流れ」「連続」等の意味を持つ名詞となる(形容詞や動詞の意味もある)。

stumble

「つまずく」「よろめく」等の意味を持つ動詞。何かにぶつかって「つまずく」というところから、stumble into…という形で「つまずいて…に入ってしまう」→「…に遭遇する」という意味になる。前置詞intoのイメージがしっかりできれば特に難しくない表現だと思う。

stumbleのイメージ
intoのイメージ

twist your ankle

「足首をくじく」という意味。ankleは「足首」の意味。


管理人が運営してる「海外一人旅サイト」です。英語を使って「楽しむ」、英語を「活かす」に該当する内容です。英語学習の息抜きにでも覗いて頂ければと思います。

\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng