DUO3.0例文解説メモ #103

2022年8月12日DUO

管理人
管理人

DUO3.0例文の103本目です。

学校ではgoは「行く」、comeは「来る」と習いますが、もう一歩踏み込んで考えると「話題にしている場所」から離れるのがgoで近づくのがcomeという感覚だと思います。

例文#101にcomeを使った表現が出てくるので、そちらの例文も読み返すと理解が深まると思います。

右脳開発で有名な七田先生の子供向け英語教材です。当サイトでは、臨界期を越えた大人向けの英語学習を対象としています。もし、臨界期以前の子供向けということであれば七田先生の教材は個人的にお勧めです。小さい頃に七田先生と一度だけFAXでやり取りしたことあります。こちらでレビューしてます

tighten

「(ネジ・蓋等を)きつく締める」「(紐・ロープ等を)ピンと張る」等の意味を持つ動詞。語源は、tight(タイト)+en(~化する)→「タイトにする」となり、冒頭の意味につながっている。

tighten the lidで画像検索したら下記のような写真があった。まさにこの絵の通りの状況だと思う。ちなみに、tighten your beltという表現は、財布のひもを締めることを指し節約することを意味するらしい。

tighten the lidで画像検索

lid

「(箱・つぼ・鍋・容器等の)蓋」「(複数形で)まぶた」という意味を持つ名詞。ちなみに、keep a lid on itで「それに蓋をしたままにしておく」→「秘密にしておく」「起こらないように抑制する」という意味。また、put a lid on itで「それに蓋をする」→「終わりにする」というような表現もできるので併せて覚えておくとよいと思う。

蓋をする

so…

「だから…」「…するように」等の意味を持つ接続詞(他品詞の意味もある)。こちらで説明しているようにコアは「矢印」ということ。ここから、①だから…の方向に進む→「だから…」、②目的は…するという方向にある→「…するように」といった具合に冒頭の意味につながっている。ここでは②の意味で使われている。

go bad

「(飲食物が)腐る」「(計画・仕事等が)失敗する」等の意味を持つ表現。分解して考えれば、go(行く)+bad(悪い)→「悪い方向へ行く」となり、冒頭の意味につながっている。

学校ではgoは「行く」、comeは「来る」と習うが、もう一歩踏み込んで考えると話題にしている場所」から離れるのがgoで近づくのがcomeという感覚になる。例えば、自分の部屋が2階にあり、お母さんが「ご飯ができたよ~」と呼んだときの返事としては、I’m comingという返事になる(話題にしている場所が1階になるので)。

多くの場合、自分を中心に言うことが多いので「話題にしている場所」=「自分の場所」となることが多く、goは「行く」、comeは「来る」という和訳を覚えておけば大抵上手くいくが、「話題にしている場所」という基準で考える癖をつけておくことをお勧めする。

この例文の場合は「話題にしている場所」=「本来あるべき姿(場所)」となり、食べ物の場合は「食べれる状態」となる。腐るというのはその姿から遠ざかる方向になるのでgo badという表現になる。



\ 応援をお願いします! /
にほんブログ村 英語ブログへ   このエントリーをはてなブックマークに追加



DUO

Posted by EngxEng